奈良県橿原市豊田町270-1
かとうメディカルモール豊田

電話:0744-29-7711

中和幹線沿い
スーパートライアル
橿原店 隣

駐車場有

車

漢方内科

漢方について

漢方

漢方は、奈良時代に中国から日本に入ってきた古代中国医学がもとになっています。これをもとに日本で独自の発展を遂げ、現在の漢方が誕生しました。明治時代には、時の政府の方針により、西洋医学を学んだ者のみが医師として認定されたため、一時は影を潜めていました。しかし、その後も多くの医師が漢方医学を患者さんの治療に取り入れており、現在は医学部の必修科目になっています。

ところで、漢方については「西洋医学と相反するもの」とのイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、決してそのようなことはありません。西洋医学に基づく手法を基本としつつ、漢方の良いところを複合的に取り入れて治療することも十分に可能なのです。

当院での漢方治療

当クリニックでは漢方薬を用いた治療も提供しております。西洋医学の治療のみでは患者さんのニーズに対応できない場合もあります。そのようなケースでは、漢方治療によって治療効果が期待できることもあります。漢方薬の中には、公的医療保険が適用されるものも数多くあります。どうぞ、お気軽にご相談ください。

このような方はご相談を

  • 自覚症状があるものの、検査をしても異常が見つからないと言われた
  • 西洋医学的な治療を受けたが、十分な効果が得られなかったと感じている
  • 西洋医学で処方された医薬品の副作用に悩んでいる
  • 夏バテ、身体がだるいなどの症状がある
  • 冷えやのぼせ、肩こり、便秘、下痢などのちょっとした不調に悩んでいる
  • ストレスをため込みやすく、不安やイライラ、不眠などに悩んでいる
  • 立ちくらみ、めまいなどの低血圧症状がある
  • 虚弱体質で疲れやすく、風邪をひきやすい
  • 漢方独自の診断法に興味がある

「未病」の改善にも効果

人は一生の間に何度も病気を患うことがあります。それでは、病気でないときは常に健康と言えるのでしょうか。実際には、明らかな疾患は見つからないけれど、体調がすぐれないこともあるのです。東洋医学では、この状態を「未病」と呼びます。

未病は、病気が顕在化する前の段階とも考えられます。「身体がだるいので医療機関を受診したけれど、検査の結果は特に異常がなかった」という場合、明らかな病気は有していないので、西洋医学では治療の対象とはなりにくいのです。しかし、何もせずに放置していると病気が顕在化するかもしれません。そうならないように体質を改善したり、治癒力を高めたりして未病の段階で対処する。漢方はそのような領域も得意としているのです。

徳岡クリニック

診療時間

日祝
9:00~12:00 **
16:00~19:00 **

* 扇町漢方クリニックに勤務
** 天理よろづ相談所病院緩和ケア科に勤務(第1・3木曜日)
休診:木曜日 日曜日 祝日 月曜土曜午後

院長
徳岡 泰紀
診療内容
内科、消化器内科、漢方内科、
糖尿病・代謝内科
TEL
0744-29-7711
住所
〒634-0842
奈良県橿原市豊田町270-1
かとうメディカルモール豊田
アクセス
中和幹線沿い
スーパートライアル 橿原店 隣